当園について


理事長ご挨拶

Placeholder image

当法人の母体である医療法人明徳会は、この浜北の地において医療・介護・福祉分野における施設・環境整備および医療専門職の人材育成をすすめ、来る「高齢社会」を見据えた対応を続けて参りました。 一方で我が国では「高齢社会」と同様に、「少子化」も国の根幹を揺るがす大きな問題として認識されつつあります。時代の変化に伴い、結婚や家族の在り方などに対する価値観が多様化していることに加え、出産・子育てと就労の両立が困難な社会構造となっていることも一因となっており、官民一体となった対策が求められています。 この度新設することになった【風の子こども園】は幼保連携型の施設であり幼稚園と保育所 双方の機能を併せ持っております。具体的には「保護者の就労の有無に関わらず就学前の子供に幼児教育や保育を提供する機能」と「全子育て家庭を対象に、子育て不安に対する相談活動や、親子の集いの場を提供する機能」です。また園の周辺には、十全記念病院に関連する介護福祉施設や、静岡医療科学専門大学校もあり、お年寄りや学生、そして地域の方たちとの多世代間交流を通して子供たちの「社会性」や「人格形成」の基礎を養う場となる事も期待されます。 このように【風の子こども園】は、出産・子育てと就労の両立および保育の充実を支援し、この地域の活性化に大きく寄与するものと思います。「子に過ぎたる宝なし」 私達、学校法人十全青翔学園は、子供たちの笑顔と健やかな成長、家庭の安寧、そして地域貢献のために精進して参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

学校法人 十全青翔学園 理事長 臼井 岳(日本整形外科学会専門医)

園長ご挨拶

 風の子こども園は、2019年4月に浜北区に新設する幼保連携型認定こども園です。近くには万葉の森や平口神社があり、田畑や関連施設に囲まれた自然豊かな環境にあります。
子どもの生活の中心は遊びです。遊びの中での発見は感動であり、次への発展のステップです。心躍らせる遊びや体験は、子どもの感性を育み、考える力・挑戦する意欲を育て、生きる力を育む土壌となります。子どもが伸びやかに育つ土壌づくりを大切にしたいと考えています。園生活は、一人ひとりが育つだけでなく、仲間と共に育ち合う場でもあります。人とかかわる力を育て、一人ひとりの確かな育ちを実感できる園づくりに努めていきます。
子どもに寄り添い、こまやかであたたかい保育を大切に、職員一同がんばりますので、よろしくお願い致します。

風の子こども園  園長 村松貴代子

概 要

名称 学校法人十全青翔学園 幼保連携型認定こども園 風の子こども園
住所 浜松市浜北区平口1973番地
電話 053-544-4150
FAX 053-544-4155
設置者 学校法人 十全青翔学園
理事長 臼井 岳
園長 村松 貴代子
開設年月日 平成31年4月1日
定員 120名(0歳児~5歳児)
敷地面積 2242.00㎡
延床面積 1292.86㎡ 鉄骨2階建て
開園時間 7時15分~19時15分

幼保連携型認定こども園(教育理念・園目標・教育方針・教育目的)

■教育理念

浜北の豊かな自然の中で、様々な遊びや友達とのふれあいを通して、他者とのかかわり方や社会性を学び、明るく、のびのびと、風の子のように元気にたくましく、生きる力を育む。

■園目標

自ら感じ、考え、協調して自主的に行動できる子

■教育方針

  • 子どもが主体となり自発的・意欲的に取り組み、ひとり一人がのびのびと自己発揮できる保育を目指す。
  • 発達の道筋やつまずきを明確にしながら、ひとり一人の個性を尊重し、確かな育ちを導く保育に努める。
  • 皆で子どもの成長を喜び、見守っていくという考えを共有し、職員ひとり一人が責任と自覚を持ち、専門性と資質向上、子育て支援の充実に努める。

■教育目的

人間形成の基盤の育成 ~規律・協調性・基本的な生活習慣を学ぶ

日々の遊びや生活の中で、「生活の自立」「返事」「挨拶」「感謝の心」を育て、身近な人とのかかわりを通して、仲間との協調性や思いやりの心を培う。

健康な体と心の育成 ~遊びを主体とした学び~

  1. 健康でたくましい体づくり・・・散歩や運動遊びなどを通し、歩く力を育て健康で丈夫な体をつくる。リズム運動などを取り入れ、楽しく体を動かし、しなやかで伸びやかな体をつくる。
  2. 響きあう感性を育てる・・・園外散歩や園庭にある畑や果樹など自然とのふれあいを通し、四季の変化や恵みへの感謝の気持ち、命の尊さなど、五感を通して豊かな感性(感じる心)を育てる。
  3. ひらめく創造力を育てる・・・多くの絵本と親しみ、豊かで自由な心の広がりや考える力を養う。遊びや生活の場で好奇心、探求心、意欲を育て、表現する喜びや主体的に行動する力を培う。
  4. 学習に必要な基本的な「聞く力」「話す力」「考える力」を育て、就学への移行がスムーズになるよう努める。

食を営む力の育成

園の畑で野菜や果物を栽培し、育つ過程を学び、収穫する喜びや調理活動を体験する。育てた物を食べることで、食物への感謝の気持ちや食への関心を深める。

■当園の特徴

緑いっぱいの園庭と広々とした運動場

芝生の園庭と広い運動場には砂場や泥んこ山なども設置。木々に囲まれた環境の下、思いっきり体を動かす爽快感や夢中になって遊ぶ楽しさを味わう。

広々とした図書室の設置

冊数の充実を図り、ゆったりとした空間の中で、本をじっくり楽しむ時間を大切にし、絵本の好きな子を育てる。読み聞かせやストーリーテリングの場としても幅広く活用する。

関連法人との交流

隣接する介護老人保健施設や介護付き有料老人ホームに入居しているお年寄りとの交流を通し、様々な人とふれあう楽しさや思いやりの心を育む。

専門性を生かした情報発信

十全記念病院との連携により、子どもの病気や事故防止に関する認識を深め、健康で安全な環境の維持及び向上に努める。専任看護師を常勤し、病気や怪我の適切な対応を行う。